若返りのひみつ

若返りの水って本当にあるのね!

 小さい頃、こんな昔話を聞かれたことがありませんか?

山仕事をするお爺さんが、湧き水を飲んだら、何と!腰もシワも伸びて若者のように・・それを見たお婆さん、湧き水の場所を聞いて出かけたのですが・・夜になっても帰ってこない。心配したお爺さんが様子を見に行くと、お婆さんは湧き水を飲み過ぎて、赤ちゃんになっていたとか。

 私も以前は、ありえない話だと信じていませんでした。けれども、水のことを学ぶにつれて、赤ちゃんに戻るのは言い過ぎにしても、飲む水を選ぶなら、肌も内臓も血管も脳も若返るのでは?と信じられるようになりました。

http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/01/28.htm

  まず、若返りの水とは、、酸化還元電位の低い水なのです。水道水が500mvから700mvあるのに対して、全国各地の名水は、

栃木県佐野市出流原町
出流原弁天池の水(名水百選) +101mv

北海道羊蹄山湧水        +220mv

神戸・六甲のおいしい水     +270mv

室戸沖・海の深層水(硬℃1000) +118mv

大分天領水             +270mv

そして、ルルドの水やトラコテの水などもそうですが、有名な湧き水には、酸化還元電位が低いことはもちろん、水素が微量ですが含まれています。(1ppb程度の微量ですが、身体に良き作用をするのですね!)

 そして、そういう酸化還元電位の低い水は、乳酸菌が増えるには、もってこいの環境なのです。対して、病原菌は、酸化還元電位が「高い」環境下で増えるのです。ですから、酸化還元電位の低い水を飲んで腸内の乳酸菌が増えると、身体を病原菌の感染から、守ってくれるという訳。

 サンビケンが「量子水」をお奨めするのは、酸化還元電位の高い水道水をが装置を通ることで、自然の湧き水のような性質に変えてくれるから・・遠くに汲みに行かなくても、ご自宅で美味しく健康にも良い水が堪能できるのです。

 もうひとつ、DDS室戸・海洋深層水も酸化還元電位、ミネラル共にお勧めです!このお話はまた別の機会に・・

下の検査結果は量子水(νG7の装置で水素発生量を測ったものです。水素軽い元素なので、普通は保存が効かないのですが、時間が経つごとに、水素の量が増えているのが解ります。通水した際に与えられた電子によって、水の電気分解が連鎖反応的にどんどん行われているのですね。

 つまり、飲んだ身体の中でも、水素が発生し続けるのが、量子水の特徴です。

  • 2015.05.05
  • 09:06

身体は電子を欲しがっている!

 先日は、摂取する糖分が多いと、糖尿病のみならず、認知症・動脈硬化・白内障・ひざ痛・アトピー・・・身体のあちこちで悪さをするというお話をしました。

http://sunbiken.jp/hpgen/HPB/entries/2.html

これを「糖化」といいます。ここ数年でようやく、耳にするようになった言葉です。それ以前からよく言われていたのは

「鉄クギが酸化するとサビが生じる。同様に、身体の成分が酸化するとサビた状態になって、ボロボロになってくる。だから、身体をサビさせない食べ物や水が大切なのだ」

ということ。酸化とは酸素O2がくっつくことと、もうひとつ電子が奪われることを意味します。酸素は生きてゆくうえで必要ですが、身体に電子が足りないと、悪い働きをする酸素に変身してしまいます。そして老化や病気の原因となります。

 反対に、水素や電子を与えられる(還元)と、身体は生き生きと働けるのですね。

 最近、いろいろな水素水が売られるようになってきました。実はサンビケンでご紹介している「量子水」は、水に電子を与えてくれる装置なのです。しかも、水素まで作ってくれるという一石二鳥の発明品なのです。

 ですから「量子水」が分かりにくいなら「電子水」でもいいですし、結果的に水素が発生するので「水素水」とも言える水です。もちろん、同時に酸素も生じますので、「酸素水」でもあります。

 ただ他の水素水と違うのは、水とMgO2(酸化マグネシウム)の反応で水素ができるのではなく、量子水の装置から供給される電子によって、水が酸素と水素に分解されるということ。

 量子水をペットボトルやガラスのコップに入れて数時間経ちますと、壁面に、小さな泡がいっぱい増えてきます。これが、酸素や水素が発生している印です。

 天然の湧き水では、水と岩の摩擦などで生まれた電子が、地下水を酸素と水素に分解し、身体に良い美味しい水になって、湧き出してきます。それと同じことを、量子水の装置の中で行っているのですね。電気を通さずとも、自然の営みを再現した装置なのです。ですから「若返りの水」と私たちは呼んでいます。とっても親切な機械でしょう?

  • 2015.04.25
  • 13:19

糖分の摂りすぎは怖いの?!

 ビタミンCなど、抗酸化物質を含む食べ物やサプリメントが、これまでは、肌のシミ対策に使われてきました。

 でも、最近よく聞かれるのが「酸化」と共に「糖化(とうか)」という言葉です。糖化とは、コラーゲンなどのタンパク質が、糖といっしょになって変性することです。

 糖は、お砂糖のみならず、白米やパンなど炭水化物の食べ物が、最終的に分解されてできます。その糖は、身体が活動するための栄養分ではありますが、過剰に摂りすぎると、身体のあちこちで悪さをします。

 たとえば、皮膚のコラーゲンにペタッとくっつくと、皮膚の弾力が無くなってしまうのです。これではいくら外からコラーゲンを食べたり塗ったりしても意味がありません。血管の筋肉の蛋白質(コラーゲンなど)にくっつくと、血管が固くなり(動脈硬化)、高血圧を引き起こします。

 白内障も、水晶体のコラーゲンに糖がくっついて、濁るから起きる病気なのですね。ですから、糖分を摂りすぎないこと、摂ったら、速やかに外に出すこと・・ですから、糖を燃焼させる運動も大切ですね。

 では、どうやって外に出したらいいのか?次回はその方法をお届けします。

  • 2015.04.22
  • 14:16

ようこそ サンビケンへ

皆様、はじめまして。サンビケンと申します。

「株式会社サンホープがお届けする、皆様の美と健康に貢献するショップ」を超縮めた名前が「サン・ビ・ケン」 太陽が輝くように、皆様にも美と健康で輝いていてほしい・・そんな願いが込められています。

 さて、このブログでは、そういうえりすぐりの商品と共に、これから随時「若返り情報」や「認知症予防情報」をお届けしてまいります。
 実は、店長が最初に出会ったのは「若返りの水・量子水」でした。それは、身体をさびさせない「還元水」。錆びることを「酸化」と言います。
 その反対が「還元」 実験でクギを水道水に入れると、しばらく経つと、赤いサビができてきます。ところが還元水と呼ばれる水に入れておいても、クギはさびません。

 実は天然の湧き水は、それ自体が「還元水」になっているんですね。それは地球上で太古の昔から当たり前のように私たちに与えられてきた水でした。
 でも現代の私たちは、何もせずに、なかなかそういう水に出会えません。山や海の中に汲みにゆくとか、それを宅配してもらうとか、家で機械を通すとか・・

 実は量子水は「世界オンリーワンの特許技術」で「水道水を還元水に変えてゆく装置」です。実は水素も酸素も発生しますので、鬼に金棒なんです!特に「認知症の予防」に強い味方になってくれるのではないでしょうか?

ということで、まずは「若返りとは、さびないこと」
詳しいことは、これからこのブログでどんどんご紹介してまいりますね。

  • 2015.06.19
  • 13:32

ページトップへ